日頃より「Food Times」をご愛顧頂きまして、誠にありがとうございます。
2017年2月1日より、「Food Times」は、「Venture Times」と統合致しました。
今後は、「Venture Times」を何卒よろしくお願い申し上げます。

ベンチャータイムスはこちら
http://venturetimes.jp

ボクシーズ、オーダーシステム「Putmenu(プットメニュー)」PayPal(ペイパル)のオンライン決済開始

ボクシーズは、オーダーシステム「Putmenu(プットメニュー)」が、PayPal(ペイパル)のオンライン決済を開始したと発表した。

Putmenuは、利用者のスマートフォンのアプリにメニューを掲載し、注文をしたテーブルに料理を配膳することができるシステム。飲食店だけでなく宿泊施設のルームサービスでも利用できる。10言語に対応しており、外国人観光客のインバウンド対策に最適。世界初のIoTデバイス、PaperBeacon(ペーパービーコン)を採用しており、テーブルにスマートフォンを置くことでテーブルを特定した注文を実現している。

オンライン決済の実現により、利用者は自身のスマートフォンで注文から会計まで完了することができる。会計のために店員を呼ぶことや会計を待つことが不要になる。店員は会計の対応が省けるので業務効率が大幅に向上する。Putmenuを利用することで、店員のテーブル業務は、来店時の案内・料理の配膳・片付けなどに特化される。

現金やクレジットカードを持っていない外国人観光客の方でもPayPalアカウントがあれば飲食することができる。
PayPalは世界で1億7900万人以上に利用されている決済サービスで、世界203ヶ国24通貨に対応している。各店舗はPutmenuの導入と同時に会計にPayPalを利用することができる。

Putmenuを導入することで飲食店や宿泊施設は「売上拡大」「コスト削減」「マーケティング」を同時に実現できる。10言語対応による訪日観光客の増加による売上拡大、ルームサービスの効率化によるコスト削減、そして、注文データの蓄積によるマーケティングも可能になる。

Putmenuの利用料金は初期費用19.5万円(税別)、月額費用2.4万円(税別)。現在、半年間17万円(税別)のお試しプランを提供中。専用タブレットと専用プリンター、注文電子シート(PaperBeacon)5枚のレンタル費用が含まれる。 Putmenuはパートナー企業を通じて販売中。

関連記事

コステム社会保険労務士事務所
  • 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る