日頃より「Food Times」をご愛顧頂きまして、誠にありがとうございます。
2017年2月1日より、「Food Times」は、「Venture Times」と統合致しました。
今後は、「Venture Times」を何卒よろしくお願い申し上げます。

ベンチャータイムスはこちら
http://venturetimes.jp

アスラポート・ダイニング(3069)、「ぢどり亭」運営のレゾナンスダイニングを子会社化

アスラポート・ダイニング【3069】は、レゾナンスダイニングの全株式を取得し完全子会社とすると発表した。取得価格は、約672百万円。

外食産業は、業態によっては景気回復の恩恵を受けながらも、全般的には原材料価格の上昇や企業間競争の激化など経営環境は楽観を許さない状況にある中、アスラポート・ダイニングは、焼肉、居酒屋等の外食フランチャイズを中心に全国で約350店舗を展開しており、昨年からは新たに生産事業も手掛けている。

一方、レゾナンスダイニングは、関西を中心に九州スタイルの焼き鳥「ぢどり亭」「浪花屋鳥造」を約30年にわたり展開し、現在、全国で90店舗の直営及びフランチャイズで運営している。

このレゾナンスダイニングは、アスラポート・ダイニングの親会社である阪神酒販の100%子会社であり、アスラポート・ダイニングの子会社のプライム・リンクと、レゾナンスダイニングとは業務提携をしており、既にレゾナンスダイニングのブランド「浪花屋鳥造」の関東の一部店舗を運営している経緯がある。

今回の買収は、こうした業務提携をより効率的に進めることや関西の鳥業態を強化すること、特徴ある鳥業態であるレゾナンスダイニングのブランドの出店を関東地区で増やし、さらなる収益力と企業価値の向上を図るとしている。

また、アスラポート・ダイニングは、今回の子会社化のお知らせと共に、平成27年3月期通期連結業績予想の修正のお知らせも重ねて出している。

関連記事

フードサプライ
  • 登録されている記事はございません。

Site Search

ページ上部へ戻る